クリニック特長

「患者さんが主役」主義

治療は、患者さんの意志を最優先。

専門スタッフと相談しながら復帰をめざします。

来院される方は皆さん、そのスポーツ活動において置かれた状況が違います。
例えば「試合が近いので、今は応急処置を。動けるようにしてほしい」「ゆっくり治して、再発も防ぎたい」など、治療への期待はさまざまです。
当クリニックは、こうした患者さんの意志を尊重した医療を、専門スタッフがチーム体制でサポート。
アスリート目線で治療するので安心です。

「患者さんが主役」主義

主な診療対象者

  • スポーツによってケガや障害等を負った人
  • ケガからの復帰に向けた、専門的なトレーニング方法が知りたい人
  • よくケガをする原因をはっきりさせたい人
  • ケガを予防するために、現在の身体機能をチェックしておきたい人
    (競技レベルからスポーツ愛好家、中高年まで幅広い方が対象です)

主なスポーツ疾患

骨や軟骨の損傷、筋肉や腱・靱帯の損傷および断裂、関節の脱臼、関節炎、骨膜炎、腱鞘炎、筋肉損、疲労性骨折、腰痛症、野球肩、野球肘、テニス肘、水泳肩、ランナー膝ほか。

3つの専門的治療

当クリニックの特徴は、3つの専門的治療。

スポーツに関連する「痛みや不安」を診療します。

3つの専門的治療

1.専門ドクターによる迅速な診断と適切な診療

専門知識を持つスポーツドクターが的確に診断を行い、患者さんと相談の上でスピーディな処置(手術含む)を行います。

2.専門スタッフが作成する適切な復帰プログラム

個々の患者さんに合わせた復帰プログラムを提供します。疾患部位のリハビリはもちろん、一日も早い競技への復帰に向けた全身のコンディションづくりもサポートします。

3.ケガ再発(防止)のためのチェック

ケガを予防するためのメディカルチェックを実施します。ケガの原因を見つけ出し、再発を防ぐための全身のコンディショニングも行います。

ケガから復帰までの流れ

4ステップで早期復帰をめざす。

チーム医療で対応する、安心のサポート体制です。

当クリニックは、復帰まで一貫した診療を行います。

診療のフローチャート

ステップ1 診察・診断

担当:スポーツ専門医
問診や検査等を行い、ケガの状態を総合的に判断・診断します。
その後、患者さんに必要な治療などを提示および相談し、復帰に向けた治療計画(復帰プログラム)を決定します。希望により「メディカルチェック」も実施。

ステップ2 治療計画

担当:スポーツ専門医
治療計画に沿って超音波治療や投薬、関節鏡手術などの処置を行います。

ステップ3 リハビリテーション

担当:理学療法士、トレーナー
当院には、「メディカル・リハビリ」と「アスレティック・リハビリ」の2つのリハビリテーションがあります。メディカル・リハビリで疾患部位を中心に治療を行うと同時に、アスレティック・リハビリでトレーニングを並行して実施します。これにより、全身のコンディショニングとパワーアップを図り、スムーズな復帰をめざします。

「時間経過と各リハビリテーションの比重イメージ」

処置(現在)

経過観察(途中)

現役復帰(完治)

時間経過と各リハビリテーションの比重イメージ

2つのリハビリテーションを通して、ケガの再発を防ぎ、ケガをしにくい身体づくりが学べます。

ステップ4 現場復帰

ケガをした患部の回復はもちろん、全身のコンディショニングも強化され、ケガをした時点よりも高い能力を持って現場に戻れます。
ネットワーク
患者さんが所属するチームの監督やコーチ、トレーナー、さらに家族にも指導を行うなど、クリニックと患者さんを取り巻く環境が連携し、よりスムーズな復帰をめざします